合宿免許とレジャー

レジャーを楽しむ合宿免許は、住み込みで免許取得を目指す教習所です。そしてそれは全国各地にあり、どの地域の合宿免許にするかを決めることも楽しみの一つとなります。行ってみたい地域や、興味のある地域など、見知らぬ土地で短期間ですが暮らすことで、旅行気分が味わえるのも、この合宿免許の大きな特徴です。

このように今、注目されている合宿免許ですが、教習所側も教習生を呼ぶために様々な特典を付けているところがあります。多くの教習所は、教習後や休日のレジャーを楽しんでもらうよう、その地域の観光名所やレジャースポットを紹介しています。例えば、海が近い教習所であれば、マリンスポーツが体験できたり、温泉がある地域では、温泉などのスパリゾートを利用できたりします。

他にも乗馬体験や娯楽施設、ウインタースポーツ、またはホテルのバイキングなど様々な特典を用意して、教習生によい思い出を作ってもらおうと試みています。このように合宿免許は、地元では味わえないその地域特有のレジャーを楽しめることも魅力の一つです。また、同じ教習生同士の繋がりも合宿免許ならではのものでしょう。全国各地に友達ができるのも合宿免許の醍醐味です。免許とレジャーを手に入れる贅沢な2週間を体験したいのなら、迷わず合宿免許でしょう。

合宿免許のメリット

合宿免許教習所の種類としては、自宅から通う通学タイプのものと、もう一つ、合宿免許というものがあります。この合宿免許はその名の通り、教習所が用意した宿泊施設に泊まり込み、朝から夕方までみっちりと教習を受けるシステムになっています。この合宿免許の特徴としては、短期間での卒業と低料金の2点が挙げられます。

合宿免許は多くの場合、卒業までの期間が2週間程度となります。通学タイプのものと比べると、はるかに短い期間での免許取得が可能となるのです。ではなぜ、これほどの短期間で免許が取得できるのでしょう。その理由として通学タイプの違い、合宿免許の教習は教習所が全てスケジュールを組み、それに沿って行われます。そこに自分の都合が入り込む余地はなく、あくまでも教習所側のペースにより効率的に教習が進められるのです。

また、料金についてですが、合宿免許は期間が短いため教習生の回転率が高く、それにより低料金も可能となるのです。もちろん、合宿免許の立地は地方が多いため、初期投資も少なくて済むということもあります。このように、合宿免許はある期間を全て教習に費やすことで、こういったメリットを可能にした今注目の教習所と言えるのです。

通学タイプの特徴

通学で免許をとる現代社会は車に依存した社会とも言えます。生活を送る上でも、仕事をする上でも車は絶対に欠かせないものです。ただ、この車を運転するには、ご存じの通り自動車運転免許が必要で、この運転免許を取得するためには教習所へ通わなければいけません。

この教習所ですが、地元にあり自宅から通う通学タイプの教習所が一般的とされます。教習所で学科や実技を習い、そして運転免許試験場での本試験に合格すれば、晴れて運転免許が発行されるという流れです。この通学タイプの教習所の特徴としては、まずは自分のペースで教習を受けられるという点があります。学校の授業や部活、あるいはアルバイトや仕事をしながらでも、その合間に通えるわけです。

このように、通学タイプの教習所は自宅から通えるということと、自分の都合に合わせられることが最大のメリットで、そのため免許取得までの期間は1ヶ月から3ヶ月程度と、若干長めになります。また、期間が長いということは、それだけ費用も嵩みますし、補習があれば、追加料金が必要となります。ただ、多くの人は学校や会社に携わりながらの生活を送っています。この生活のペースを乱すことなく免許取得を目指すのなら、この通学タイプの教習所が合っているでしょう。

合宿免許の選び方

運転免許我が国では、自動車運転免許は18歳になると取得が可能となります。現代社会は車がなければ機能しない社会です。そのため、多くの人は取得可能な年齢を過ぎると教習所へ通い、免許取得を目指します。

この教習所ですが、一般的に知られているのは通学タイプのものでしょう。地元の教習所に、自宅から通うもので、この通学タイプのメリットとしては、自分の都合に合わせて教習を受けることができるという点です。学校や仕事、家事の合間を利用して、教習所へ通います。日常生活になるべく支障をきたさないように免許取得するには、この通学タイプがいいのです。ただ、自分がスケジュールを決めるということで、取得期間は長めになります。早い人でも1ヶ月くらいはかかりますし、長い人であれば半年以上となることもあります。また、補習などがあれば別料金となり、費用の総額は少し高めとなってしまいます。

一方で、最近人気が集まっているのが合宿免許です。こちらは通学タイプとは違い、宿泊施設に泊まり込み、教習所へ通うというものです。朝から夕方までみっちりとスケジュールが組まれ、教習生はそれにすべて従って、教習を受けることになります。そのため、卒業までの期間は約2週間と短く、さらに費用も割安なため、学生を中心に教習生が増えているのです。この合宿免許を選ぶ際のコツとしては、レジャーが充実している教習所を選ぶといいでしょう。温泉やマリンスポーツなど、教習以外での楽しみも必要です。このサイトは、レジャーが楽しめる合宿免許について説明します。